NCC-JEDRO の使命

        

大震災におけるエキュメニカルな支援活動の祈りと実りを分かち合う。

                                   

 

日本キリスト教協議会エキュメニカル震災対策室(JEDRO)は、2011年3月11日に発生した大規模地震に伴う三重の災害に対するNCCJの支援窓口として設立されます。キリスト教会が一つであることを世に示しつつ、JEDROは、救援、復興・再建に積極的に参加し、日本の人々、とりわけ被災者の方々にとって、具体的かつ目に見える形での希望の光となりたいと考えています。また私たちは、高い倫理観と迅速さ、そして思いやりを持った政府を望んでいる被災国日本が抱えるこころの傷にも、取り組んでいきます。神の愛を日本の全ての人たちに示しつつ、JEDROはNCCJの加盟教派・団体と緊密に協力して、加盟団体が現在行っている活動、かつ、今後行う活動を支援して参ります。試練の大きさと、長期に亘る効果的な援助の必要性を痛感し、JEDROは、国際的なエキュメニカルな諸団体の結束を歓迎するとともに、関心のある日本の諸教会団体との連携を望んでおります。

JEDROはエキュメニカル運動における働きかけ、特にアジアキリスト教協議会(CCA)東北アジア部会の強い励ましを通じて設立されました。JEDROはアクト・アライアンスや世界的なエキュメニカル運動と共に働きます。またJEDROはさらなる協力関係を日本に、そして世界に求めています。

 

 

 

            

 

 

 

 

 

プリンタ用画面

お知らせ

東日本大震災向け支援金の受付は2015年3月末をもっていったん終了いたしました。これまでのご支援に感謝いたします。

なお現在、NCC(日本キリスト教協議会)として国内外の災害に対する緊急支援の体制を整備中です。

日本キリスト教協議会
エキュメニカル震災対策室

〒135-0016
東京都江東区東陽2-3-1
イトーピア216

TEL:03-6666-8760 FAX:03-6666-8767
E-mail:relief311@jedro.jp
URL:http://jedro.jp/

アクセスカウンタ
今日 :
昨日 :
今月 : 5353
総計 : 2090420904209042090420904
平均 : 1010